忍者ブログ
東京都内で活動している劇団です。
2018.07 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[299]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [289]  [288]  [287
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ショーン・SP・ベンです。

韓国の旅客船沈没事故のニュースが毎日放送されている。韓国のテレビでは、自粛態勢で、ゴールデンタイムでも、バラエティ番組は放送されず、ドラマが一つやっていただけで、あとはずっと事故のニュースが一日中放送されていると朝のニュースで言っていた。

それで私が思い出したのは、阪神大震災、東日本大震災時の頃の事だ。
日本でもあの時はテレビでは震災のニュース一色だった。

阪神大震災の時は、宝塚の同期生が何人か連絡取れず、2週間も経って最後の一人が無事と分かった時は、電話をくれた同期と喋りながらわぁわぁ泣いたのを覚えている。

そして東日本大震災が起きたひと月後、東国原英夫さんが「今被災地に必要なのは娯楽です。笑う事も泣く事も皆が我慢しているから」とテレビで仰っていたのを聞いて決意した。劇団で被災地にボランティア公演に行くんだ!と。

決めた次の日、岩手に帰って五年くらい連絡の取れなかった元劇団員が偶然・・・?必然、メールをくれた。
そしてその人が動いてくれたお蔭で、公演させて頂ける避難所、ご厚意で無料で宿泊させて下さるという藤沢文化センターの方、ボランティア同然でバスを出して下さるという方、があっという間に決まり、二年間ボランティア公演をさせて頂き、東北に沢山の友達が出来た。

みっちゃんは東京まで公演を観にいらして下さった。
京ちゃんは、しょっちゅう大量のワカメやウニやお菓子や、送って下さる。

私達は沢山の方々のお蔭でやりたい事をやらせて頂けている。
そのお返し・・・私達に何が出来るんだろう・・・
ただ、一生懸命、自分達が、ではなく、お客様が、時を忘れて楽しんで頂けるような舞台を創り続ける事。
胆に銘じて精進して参りたいと思います。

韓国の旅客船の事故の犠牲者の方々、ご家族の方々、早く解決しますよう、少しでも多くの方々がご無事でありますよう、遠く日本から想っております。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/07 きくまり]
[05/07 きくまり]
[05/07 きくまり]
[06/25 真里]
[06/18 美桜うらら]
最新TB
プロフィール
HN:
劇団ばんぶるびぃ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Powered by Ninja Blog Photo by MIZUTAMA Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]